​施設の究極省エネ紹介ページ

地中熱と言う選択

​施設運営の究極省エネとは?

​病院・介護施設

地中熱利用と言う選択

​ 驚きの水道光熱費

50%OFF

 投資回収

  0年〜5年以内(実績から算出)

電話で問合せ

03-6260-8225

工藤

1コラボリンクロゴ調整512.jpg

​病院経営、赤字は避けたい!

地中熱利用とは?

年間通して15℃前後で安定した地中の熱をヒートポンプで回収し空調や冷却設備の熱源として利用するシステムです。
熱源となる水を処理する水処理設備と必要な温度域で供給するヒートポンプ、その他制御システムで構成されます。
これらの構成設備を一式のパッケージとして設計し、安価で省エネ効果の高いシステムを供給しています。
スケーリングを簡便に抑える触媒フィルターの採用と、地下水の直接導入が可能な高耐食ヒートポンプにより
長期安定運用を実現しこれまでの常識を破る投資回収5年以内を実現しました。

 

​四季がある日本に於いて、社会的弱者の方の入院施設や介護施設の空調管理は避けて通れません、光熱費のコスト削減をしっかり考えてみては如何でしょうか?

​病院経営、介護・福祉施設の赤字を避ける為には!!

​大型施設経営の現状

病院経営は医師・看護師確保の観点から人件費を大きく削減は厳しい背景にあります。

また、介護施設も社会的背景から、人件費の削減は厳しい状況です。

​この様な、大規模施設運営の中で、経費を節減しなければ、施設として経営が困難な状況に至っている施設も存在します。病院に於いては実に約30%が(一般・介護型・精神科)赤字経営です。

この様な状況をいち早く改善するためには、診療報酬のアップを望む声があるが、今後の高齢者比率の増大により国の財政的には、改善を望む事は難しい状況です。

また、介護・福祉施設では、若干の利益確保の平均が報告されると、介護報酬の見直しで​下方修正する傾向にあります。今後も国の施策も、この傾向は続くと思われます。

​この様な状況でも自施設だけは生き残らなくてはなりません。

​避けられない、水道光熱費をしっかり対策

病院や介護・福祉施設は、入院患者様や高齢入所者様は施設運営上、入浴や温度管理された空調は大きなコストとして避けて通れません。

では、どの様に改善して行くか?ですが、人件費以外の固定費の見直し、特に運営ランニングコストの水道光熱費の削減で大きな改善に繋がります。この度、ご紹介する地中熱(地下水・温泉熱利用含む)利用と言う技術は、導入コストと再生利用エネルギー設備で費用対効果が非常に高い設備になります。検討せずに避けられない水道光熱費はそのままでは「もったいない」です。

​近年の夏は暑い

岐阜、病院内で熱中症

一昨年の岐阜県での、病院施設内での5名の入院患者様の熱中症で院内で亡くなるという痛ましい事件が起きた。

​真夏の暑い中でエアコンの故障による、院内の室温の上昇が大きな事件の要因であったが、管理者である院長の責任を問う声が大きかった。

避けることが出来ない室内温度管理

この様に、弱者である患者様や入所者様の体調を考えると室内気温の管理はコストが掛かっても避けて通れないのが実情です。

​近年の冬は寒い

快適な入所生活・・・経費は膨大!経営者の悩み

入所者の笑顔は、施設運営者にとって大きな喜びの一つですね。

益々、増え続ける、高齢者比率は世界に類を見ない、比率で推移しています。

​規模拡大も含めて、施設運用品質は落とさずに、コストだけは下げたいものです。

そこを解決します!

​経済産業省 パンフレットより引用

○井戸水クーラーが問題を解決!設備投資も電気代も最小限!の例

井戸水を使ったクーラーの設置例

某所での導入コスト・ランニングコスト比較(vs業務用エアコン)

省エネ

​を実現するラインナップ

​1、地中熱ヒートポンプシステム

長期安定運用を実現しこれまでの常識を破る投資回収5年以内を実現しました。

地中熱ヒートポンプを採用したお客様の声

医療施設 S社

これまでは空調に灯油の冷温水器を使っていましたので、冷暖房切替や点検費用で多くの手間と費用がかかっていましたが、今はボタン操作だけで簡単に設定でき、費用も抑えられました。光熱費の削減と併せて年間1000万円以上の経費削減になっています。

機械製造業 K社

当社は毎年のエネルギー削減目標を設定しておりますが、LED等の一般的な省エネ対策はやり尽くし、独創的な方式を探していたところ、ちきたくの地下水熱ヒートポンプに出会いました。工場の空冷ヒートポンプチラー更新時に50馬力を導入し、ランニングコストは年間約500万円抑えられました。

福祉施設 R社

新しい老人ホームを建設するにあたり、地中熱ヒートポンプには以前から注目していましたが、設計会社やメーカーに問い合わせても、採算が合わないとの回答でした。そこでちきたく社に出会い、再度調査してもらったところ、十分に導入可能とわかりました。環境省への補助金申請もお手伝い頂き、結果として一般的な空調を入れるよりも安く済んでしまいました。

​2,地下水ダイレクトクーラー

「地下水ダイレクトクーラー」は、エアコンとは比較にならない超省エネ性能を発揮します。

地下水ダイレクトクーラーを採用したお客様の声

きのこ工場 K社

新築の製造棟に導入しました。きのこは20℃前後で年間通じて管理しており、地下水温による管理が最適でした。また井戸を掘ることで上水道も不要となり、空調システムで温まった地下水は殺菌窯に利用できるので、施設全体で非常に大きなコストダウンに繋がりました。

部品製造 O社

作業環境が毎夏40℃を超え、改善が急務でありましたが、エアコンで見積もったところ、導入費用だけで3000万円、電気代は600万円もかかるとのことでした。地下水ダイレクトクーラーはそれに対し、電気代は年間5万円程度と極めて小さく、導入費用もエアコンより安価でいいことづくめでした。冷え具合も想像以上に良く、満足しています。

3,排熱回収・利用システム

排熱回収・利用システムは、熱のムダを抑えた効率的な施設運用を実現。

排熱回収・利用システムを採用したお客様の声

温泉旅館 T社

大浴場の排水が35℃程度で排出されており、以前からもったいないと思っていました。そこで排熱回収ヒートポンプをちきたく社に検討してもらい、回収した熱で浴槽の加温を行いました。削減された重油代と電気代増加分の差額が年600万円ほどになり、導入してよかったと感じています。

食品工場 S社

製品の殺菌後の冷却に、大量の冷却水を使用していますが、水使用料がもったいないですし、殺菌で使ったエネルギーをすぐ捨てている状態でもあり、何とかしたいと考えていました。そこで冷却水からの熱回収と、水の再利用を検討してもらい、冷却水の使用量が半分で抑えられました。回収した熱は殺菌工程に回しています。このままいけば2年程度で元がとれる見込みです。冷却水の再利用にあたっての水処理も一式で検討してもらえたのが良かったです。

食品工場 A社

乾燥炉の排気が300℃程度と高く、ほぼ24時間捨てっぱなしの状態でした。炉の更新にあたり、高耐久な熱交換器を組み込んだシステムを導入して頂きました。現在は最終的な排気温度は50℃程度まで下げられており、炉の燃料消費量も40%程度低減できました。今までいかに燃料をムダにしていたかがわかりました。

4,既設エアコン・チラー省エネシステム
  省エネシステム「アクアハイブリッド」

既存エアコン・チラー省エネシステムを採用をしたお客様の声

福祉施設 M社

法改正により経営が厳しくなる中、省エネを優先課題としてきました。しかし大きな投資は難しく、また地中熱ヒートポンプを検討した際は、熱源が乏しく難しいと言われてしまいました。一方、ちきたくのハイブリッドシステムは、既存設備をいじらず、少量の地下水で運用できるということで導入に踏み切りました。結果、空調の電気代が年間200万円削減でき、またリースを組んだため、費用負担なく経費削減が図れました

上記のシステムを、現場の状況に合わせて最適化することで、エアコンの室外機の排熱や、浴槽の残り湯まで熱交換で施設にフィードバックするシステムを提案します。

 この様な施設様に導入をオススメしています。

  • 空調・給湯・加熱冷却設備のコストを大幅に下げたい施設様

  • 地中熱利用を、水質やコスト等の問題から諦めていた施設様

  • 地中熱ヒートポンプの実績が豊富な会社に依頼したい施設様

​ 導入のメリット

・他の空調や熱源機器に比べ、30~80%のランニングコスト削減可能です。
 ・夏期の空調ピークカットに最適です。
 ・寒冷地でも安定した運転が可能です。(デフロスト運転がありません)
 ・CO2を抑え、ヒートアイランド現象が緩和されます。
 ・ボイラやエアコンに比べ、低騒音です。
 ・ボイラや冷温水発生器に比べ、維持管理費も削減されます。
 ・再生可能エネルギー専用の補助金が利用可能です。(補助率1/3~2/3)

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集

導入までの流れ

 

① 基礎情報のご提供

   対象施設の所在地、施設の用途、現在の光熱費の基礎情報を頂き、再生可能エネルギー熱源が安定的に利用

   可能か、採算性が確保できるかを無料で診断いたします。

 

② 一次シミュレーション

   診断結果を基に、おおまかな導入費用と導入メリットの試算をご提案します。

 

③ 現地調査

   一次シミュレーションでご検討頂けましたら、現地調査を行い、より詳細な試算と再生可能エネルギー熱源の

   状況確認を行います。

 

④ 補助金申請サポート

   ご契約にあたり補助金を利用される場合は、補助金申請資料から採択、報告業務までを一括でサポートいた

   します。

 

⑤ ご契約

   お見積書や提案をご確認の上、お客様に了承を頂きます。

 

⑥ 施工

   納期は物件により2~3か月程度が目安です。

 

⑦ 運転開始・アフターフォロー

   定期点検・保守・補助金報告業務など、導入後も継続してフォローいたします。

​病院経営、介護・福祉施設の赤字だけは避けたい!!

病院経営は、診療報酬の圧縮や、人件費の高騰に加え、医師不足もあり、経営上大きな問題を抱えている。

この人件費等はしっかり人材確保の面から削減を行う事には限界がある。

介護施設もスタッフ従業員の給与は社会背景的に、維持及び昇給も考えて行かないと、人材不足に陥り、施設経営の根幹を揺るがす事になります。

また、経営側と従業員側の温度差もあり、一足飛びに解決はできない事もあります。

 

対策のまとめ

医療施設経営や介護・福祉施設経営で避けて通れない、光熱費等の見直しは大きなテーマであるが、残念ながら現状は積極的に、見直しまで行ってない。

日々、使用する空調・給湯・夏の冷房エアコン・冬の暖房エアコンの費用は、いったい1年間で、どの位支払っているのか?

​現状把握をしっかり行い、年間安定した地中熱(年間を通して15度前後)を利用することによる大幅なランニングコストを削減して、経営に寄与する選択肢を、もう少し検討を掘り下げて見ては如何でしょうか?

補助金等も利用できて、施設規模が大きほど削減効果は大きくなります。

​ 驚きの光熱費50%OFF

 投資回収

   0年〜5年以内(実績から算出)

​※地熱・地下水当利用のダイレクトクーラーでは、投資した1季節の削減額で投資分を回収出来る施設も多い。

​再生可能エネルギー機器システムは何処でも同じではありません。惑わされないようにされて下さい。

再生可能エネルギー利用は一般的に
「コストがかかる」、「費用対効果がない」、「導入が難しい」というイメージがあるかもしれません。

現状の運営コストの中の水道光熱費の具体的算出を基に導入後の比較で検討してゆきます。

費用対効果検討で、システム機器導入の投資費用が長年掛かる投資は提案しません。

・投資回収5年以内と言える自信と裏付け

・既存導入施設での実績

・卓越した技術を効率コストで提供!

  着手にはエネルギー計算等の多少面倒であるが、必ずや大きな省エネ効果は出る。Yes

  1日も早く差額効果を経営に反映できる。Yes

       漠然と考えていたことが数字になって反映される。Yes

  省エネ出来ることを放置すると結果的に経営的に厳しくなる。Yes

  経費節減の対策に限界を感じていたが、共有でき従業員が前向に業務に取り組めるようになる。Yes

  入院患者様や入所者に意識されること無く大幅な経費節減が出来る。Yes

  国の推進(再生エネルギー推進)項目であり、補助金等の恩恵も見込める。Yes

​1つでも思いあたる部分があれば、1歩を踏み出しお問合せください。

​検討の際の現地調査は無料、少しだけ立ち止まり、
          将来を考えてご検討ください。

​病院経営・施設経営を行う上で、想像して見てください。現行の水道光熱費が大幅に削れた施設運営を・・・・・無駄に消費されていた光熱費を!

5年・10年・15年と避けて通れない費用が削減できて、大きく経営に寄与することを!

その為に、少し現状の費用・導入後の費用をしっかり比較しなくてはなりません。

「前向きに検討するために、事前の調査は欠かせません。」

​是非、大規模修繕や点検の際に少し考えて、これから先を見極めて欲しいと思います。

概算見積もりを確認後、具体的導入に向けての、現地調査(無料)を実施いいたします。

費用対効果の最終段階です。

責任持ってお受けできるかの具体的内容を提示となります。

​徹底的に、ロスを見つめて進めてゆきます。

事前検討するための、費用対効果について

 無料調査・お見積りをお承り中

この度、お問い合わせ頂いた後に、弊社より資料と調査票(ヒヤリングシート)を折り返しお送り致します。

この内容により、導入した場合の費用対効果のお見積りが可能になります。

「採用するか?」「しないか?」は経営会議等でしっかり会議に掛けていただき、ご検討いただきます。

当社も、大きな費用対効果が出ないと判断した場合は、率直にご意見としてお伝え致します。

省エネ機器は、皆さんの目には、直接触れる事は、ありませんが機械室と地中でしっかり省エネ業務を担う​機械として頑張ってくれます。
1コラボリンクロゴ調整512.jpg

コラボリンク合同会社 (工藤)

​      03−6260−8225

​弊社は責任を持って中心となり優良な企業様を紹介して、進めてまいります。必ずやお喜びいただけると確信しております。